project and news of the botanical redesign

03_others

Flower Vase “Trunk”

Flower Vase “Trunk”
「花を活けるのに最も自然な形」

The most natural form of displaying flowers. If the essence of flower display is to observe the form it takes upon growth, then perhaps the most natural vessel for this is a tree.a ceramic vase in the mold of actual tree bark the blends together with its flower, almost creating a single organism.

花器に最も自然な形は、活けた花が成長した時に見せる姿、すなわち「木」の形かもしれません。本物の樹皮から型を取られた磁器製の花器は、活けることで花と溶け合い、まるで一つの植物のように完成します。

「本物の樹皮を写し取る」というコンセプトにおいて重要だったのは樹種の選定でした。波佐見焼きの磁器製であることから、波佐見で蒔として良く使われる樹種の中から厳選し、より美しい木肌の [赤松] [辛夷] [椿] が選ばれました。

product design : eisuke tachikawa (NOSIGNER)
produce & botanical direction : nobuaki kawahara (REN)
client : MSY
photo : HATTA

現在、COLORSより発売中です。ご購入はこちらから。

シンガポールの国際展示会「IFFS 2014」で行われる”DESIGN AS IT IS”展で展示されました。
http://nosigner.com/designasitis/